» チタン加工、精密切削加工のフクオカラシ|読書日記⑧

フクオカ精密株式会社 -チタン合金加工・ステンレス加工・微細、精密部品加工-

お問合せ・ご相談はこちらからどうぞ フクオカ精密株式会社 ・チタン合金加工・ステンレス加工・微細、精密部品加工 福井県鯖江市柳町4丁目4-4 TEL :0778-52-5300 FAX :0778-53-1100 MAIL :info@fukuokarashi.jp

読書日記⑧

『関ケ原』  司馬 遼太郎(著)

内容(「BOOK」データベースより)

東西両軍の兵力じつに十数万、日本国内における古今最大の戦闘となったこの天下分け目の決戦の起因から終結までを克明に描きながら、己れとその一  族の生き方を求めて苦闘した著名な戦国諸雄の人間像を浮彫りにする壮大な歴史絵巻。秀吉の死によって傾きはじめた豊臣政権を簒奪するために家康はいかなる謀略をめぐらし、豊家安泰を守ろうとする石田三成はいかに戦ったのか。
誰もが知っているであろう“関ヶ原の戦い”を舞台にした小説です。
歴史(特に戦国)好きな自分にとっては聖書なみの一冊なので、何回も読み直していますhappy02.gif
(歳とって記憶力が低下しているから、何回読んでも新鮮diamond.gif!)
歴史好きな人の徳川家康のイメージは、この本によって植えつけられていると言っても過言ではありません。
腹黒い狸おやじで、戦をするのでも細かいところまで詰めていかないと(そこまでしないと天下はとれないのですが。)
気がすまない、戦国武将(大名)らしい男気が全く感じられないのが、今の政治家みたいではっきりいって嫌いですannoy.gif
これだけ日本を変えた大きな戦なので、いろんな武将の魅力的なエピソードが散りばめられていて、
それぞれの思惑を読んでいるだけでも臨場感があってひきつけられます。
自分は心情的には西軍(石田三成)寄りの気持ちですが、西軍が負けたのがまたこの戦の面白いところの
ひとつなんでしょうねhappy02.gif

カテゴリー
  • アーカイブ
    お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら 0778-52-5300 FAXでのお問い合わせ・ご相談はこちら 0778-52-5300 PCでのお問い合わせ・ご相談はこちら メール送信フォーム