» チタン加工、精密切削加工のフクオカラシ|金(きん)の豆知識③

フクオカ精密株式会社 -チタン合金加工・ステンレス加工・微細、精密部品加工-

お問合せ・ご相談はこちらからどうぞ フクオカ精密株式会社 ・チタン合金加工・ステンレス加工・微細、精密部品加工 福井県鯖江市柳町4丁目4-4 TEL :0778-52-5300 FAX :0778-53-1100 MAIL :info@fukuokarashi.jp

金(きん)の豆知識③

金合金は、割り金の銅、パラジウム等の配合率によって様々な色調を示します。

これらを総称してカラーゴールドと呼ばれ、次のようなものがあります。

イエローゴールド
K18 の場合、金750‰、残りを銀銅等量のもの。一般的に認知されている金色に近い色です。
グリーンゴールド
K18 の場合、金750‰で残りが銀の合金。日本語では青割り、又は青金といいます。
ピンクゴールド
K18 の金750‰、残りの割り金の80 %銅の合金。
レッドゴールド
K18 の金750‰、残りの割り金が全て銅の合金。日本語では赤割り、又は赤金と言います。
パープルゴールド
金800‰に対してアルミニウム約200‰程度の割合の合金で、地金は紫色を呈しています。
ホワイトゴールド 白色金
ニッケル系とパラジウム系があり、金にそれぞれの元素と、前者は、さらに銅、亜鉛を、 後者はさらに銀、銅を加えて、白色化した金合金をホワイトゴールドと呼んでいます。以前はプラチナの代用品として装飾品に用いられましたが、現在はカラーゴールドの一種としての地位を得て、イエローゴールド以上に普及しています。

このほか、黒味がかったブラック・ゴールドや、柔らかな金茶色のベージュ・ゴールドなどもあります。

また来週!!


カテゴリー
  • アーカイブ
    お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら 0778-52-5300 FAXでのお問い合わせ・ご相談はこちら 0778-52-5300 PCでのお問い合わせ・ご相談はこちら メール送信フォーム